スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Supermarket in Birmingham

2013.12.17.17:32







スーパーマーケットへ

ビスケットやシヨートブレッドの種類たくさん
あとはオーガニックの物も多かったです



会計すると緑のプラスチックのコインがもらえて、3種類の施設へ寄付することが出来ました
ちょうど子供たちが通っている小学校がその対象だったので1枚寄付




下の子を保育園へ送っていってから空港へ

予想外の渋滞でカウンターが閉まるギリギリの時間に到着
なんとか間に合いオランダを経由してドイツへ
スポンサーサイト

Christmas Market in Birmingham

2013.12.16.23:37



市内のクリスマスマーケットへ
バーミンガムはフランクフルトと姉妹都市
ドイツっぽいもの、イギリスっぽいものと色々ありました









美味しいというサンドイッチ屋さんで海苔が巻かれたものがあったので食べてみました
海苔好きな私にはピッタリのものでした



お店には色んなポテトチップが置いてあってイギリスだなぁと感じました



シンフォニーホールでのランチコンサートへ
平日の昼間だったのでおじいちゃんおばあちゃんがほとんど

Salisbury Cathdralの聖歌隊によるクリスマスキャロル
少年の聖歌隊は900年以上前から、少女の聖歌隊は20年ほど前からあるそうで、8~13才の子達が歌ってます
知っている曲もあり、初めての曲もあり、子供達の声に癒されました



終了後ロビーでまた別の子供達が可愛い歌声て楽しませてくれました



新しく出来たという図書館へ

中は広く明るく、テラスにも出られました



観覧車の右手がコンサートホール

観覧車はなんと…



こんなものには怖くて乗れないです





クリスマスマーケット小屋の側面や屋根の上には







イギリスでは日本の年賀状のような感覚でクリスマスカードを出すみたいです
社内ではクリスマスカードを出し合うのは止めましょうという話も出たりするそうです

クリスマスカードの種類は今までに見たことのないくらい多くてびっくりしました
両親に、妻に、夫に、祖父母に、叔父に、いとこに…とそれぞれの棚があって赤ちゃん用なんていうのもありました



帰りはタクシーで帰宅



後ろに4人が向かい合って座るタイプでした

Erddig

2013.12.15.19:01

今日はクリスマスマーケットが開催されているウェールズ地方にあるErddigへ



上がウェールズ語
この辺りは学校の授業もウェールズ語、家庭でもウェールズ語が話されているようです



クリスマスマーケットへ







クリスマスツリーと小鳥のオーナメントを購入
色がとてもキレイです



腹話術でクリスマスキャロル



イギリスでも焼き栗



広場ではみんなでクリスマスキャロルを合唱



本物のフクロウを触ることができました
とても大人しくて、ふわふわで柔らかかったです

Attingham Park

2013.12.14.22:08

粉雪がぱらぱら降るなか空港へ

フランクフルトからバーミンガムへ移動

1年ぶりに友人と再開
まずAttingham Parkへ連れていってくれました

http://www.nationaltrust.org.uk/attingham-park/

バーミンガムの北西へ45分くらい



1785年に建てられた素敵な邸宅
お庭もかなり広いそうです
真っ直ぐ立っているのも大変なくらい風が強く雨も降っていたので、先ずはお茶することに





スコーンと紅茶をいただきました
この辺りで取れる梅のジャムが付いてきて、これが酸味があって美味しかったぁ



クリスマスデコレーションされた邸宅内へ



18世紀19世紀のクリスマスはどんな感じだったかが再現されてました





白い折り紙が置いてある部屋があり、訪れた人が折り鶴をクリスマスツリーに飾っていくようです
私も友人の子供たちと一緒に折って飾ってきました







出口にはこんなものが
左の黒い紙は木の棒でこすると下から色んな色が出てきて楽しめるというものです

Frankfurt最終日

2013.12.13.22:12

2週間の研修はあっという間でした
仕事はもちろん働き方という点でもヒントを得ることができて来年挑戦したいことが明確になりました

お世話になった方々と賑やかな夜のクリスマスマーケットへ





メリーゴーランドに乗ってみました



思ったよりもスピードが速くて目が回りそうでした



お腹も空いてきたので焼きソーセージ
色んな味を試した結果、Krakauerが一番好きでした

写真は取り忘れましたが、砂糖がけのマカダミアナッツ、ホットワイン、焼き栗とクリスマスマーケットの定番を食べて





ハンガリー等、東欧で食べられているというランゴシュ
揚げた丸い平たいパンの上にサワークリーム、にんにくソースを塗ってチーズをのせて食べるものです
ブルガリアから来ている人が故郷の味だなぁと懐かしがってました



最終日に素敵な思い出ができました

Frankfurter Goethe-haus

2013.12.10.15:51

ゲーテが色彩論を書いていたと先週知り興味を持ったのでGoethe-hausへ行ってきました



表から取り忘れたので裏庭から



裕福な家だったとのことで調度品も立派でした





面白い時計を発見





西暦と日付の他にも月の満ち欠けもなども分かる時計です



フランクフルトも昔は城壁で囲まれた都市だったようです

帰りに街中へ





ツァイル通り



ショッピングセンターMy Zeilの中

Siegburg

2013.12.09.19:13

フランクフルトは快晴




今日は電車でお出かけ



フランクフルト中央駅にもクリスマスツリー



中世風のクリスマスマーケットが開かれているというICEで1時間のSiegburgに来ました








とてもいい香りがしたので行ってみると





あまりにも量が多くて…お腹が一杯





Handwerkerhof

2013.12.07.19:11

クリスマスマーケットの帰りに中央駅近くのHandwerkerhofへ












レープクーヘンを作っているところ

Nuernberger Christkindlesmarkt

2013.12.07.07:17

土曜日はニュルンベルクへ
ここのクリスマスマーケットは有名



フランクフルトからICEで2時間
途中雪が少し積もっているところも



ストリートミュージシャン
南米の人?ノリの良い音楽を奏でてました





クリスマスマーケットに近づいてくるにつれ人、人、人(>_<)
土曜日だから覚悟はしてましたが・・



雪がパラパラ降ってきて寒くなってきたので、Gruehweinのお店へ



このカップはお店に戻すと3ユーロ戻ってきますが、持って帰ってもOK
いつも戻してしまうのてすが、今回は記念にお持ち帰り









お目当てのものを発見





Springerleというクッキーを焼くのに必要な型




Workshop

2013.12.06.08:15

12/5,6とWorkshopがあったので参加

講義を聞いて理論を学び、後半は実技
色々と勉強になったし、帰国してからまた挑戦しようと思うことも出てきて今から楽しみ

1日目終わった後は、懇親会でフランクフルト郷土料理のお店へ



Handkaese
脂肪分がほとんどないというチーズの上に玉ねぎのみじん切り、オイルがかかっていて、これをバターを塗ったパンにのせて食べます
あっさりしているのだけど、癖のあるチーズで少し塩分がキツかったです



緑のソースは何種類ものハーブが入っていて、冷たいまま食べるソース
茹でた牛肉とジャガイモは温かいけどソースは冷たかったです
なかなか美味しかったぁ



食後はカルバドスに入った枇杷
ドイツでは枇杷は生ではあまり食べないと言うのですが…食に詳しい人に後で聞いてみよう

このあとにデザートもしっかり食べてました
やはり食べる量が違います



12/6はニコラウスの日
朝椅子にニコラウスのチョコが置いてありました



ティータイムにはこんな菓子パンも

会社訪問

2013.12.04.18:05

今日は今回の滞在をサポートしてくれてる会社を訪問
フランクフルトから180km北に行った小さな町に本社があります

霧が濃いなか車で向かいました
アウトバーンは街の近郊は速度制限がありますが、郊外に出ると無制限です
時速150kmくらいで走ってますが、車間が狭くて怖いです

2時間くらいで到着





著名な建築家が手掛けたそうです

工場では普段使っている製品がどのように作られ、ストックされ、世界各国へ配送されていくのかを順に見せてもらいました
24時間3交代で働いている人達のために、建物には窓が多く光が入り外の天候なども分かるようになってました



光を上手に取り入れているところが多かったです

コンクリートの表面が色々と加工されていて木目のように見えたり、レンガの様だったりして、コンクリート独特の冷たさは感じられませんでした
またワイマールにあるゲーテハウスで使われている色を効果的に使っているとのことでした



写真は制限があってあまり撮れなかったのですが、このような色が使われてました

ゲーテは文学者だと思っていたので、色彩論なども研究していたと初めて知りました
ワイマールは行ったことないので、いつか行ってみたいと思ってます



毎年クリスマスツリーは拠点のある国々の飾りつけをするそうで、今年はブラジル風の飾りつけということでした

会社の雰囲気がとても良く皆さん誇りをもって仕事をしていると感じました
離職率はかなり低いそうです
今回案内してくれた方々も親子で働いていたり、環境が良いのだなぁと思いました

Frankfurter Weinachsmarkt

2013.12.03.15:32

初日は研修先の皆様に挨拶、事務手続きを済ませた後はあちこち見学

終わった後はクリスマス市へ



フランクフルトの中心、レーマー広場で開かれてます





日本人観光客を多く見かけました
平日の午後早い時間だったけど、かなり混んでました





レープクーヘンに文字を書いてるところ
クリスマス市では必ず見かけます





17時過ぎに帰る頃には綺麗な夜景が



金融街の高層ビル
東京でも見かけるような光景です

Frankfurtへ

2013.12.03.03:31

2週間の研修のため電車でFrankfurtへ

北ドイツは平地だけど、南下してくるとだんだんアップダウンが出てきて景色が変わってきます
4時間半でFrankfurtに到着

空港は使ったことがあるけど、街自体は初めて

中央駅に今回お世話になる研修先の秘書さんが迎えに来てくれました
明るくて親切な人で良かったぁ!!



使わせてもらえるアパートの部屋
小さいけど可愛い



友達の手作りのアドベントカレンダー
毎朝の楽しみです(^^)v

Vielen Dank,Alex!



ホストマザーお手製のクッキー
クリスマス前には必ず作るクッキーの1つ
懐かしい味です



今日は雲1つない快晴
お茶を飲んでクッキーを食べて寛いでると、空が赤く染まってきて飽きずに眺めてました



今日からしばらくは自炊生活

パリの空港で買ってきたMONTO D'ORは季節限定のチーズ
日本の半額くらいで買えるので、見つけるとついつい購入しちゃいます

あとはドイツに来ると食べたくなる黒パン
昔はあまり好きじゃなかったけどいつの頃からか大好きになってしまいました

明日から研修スタート
今週は盛り沢山らしいので楽しみです

KAFFEE HAUS

2013.12.01.19:06



1年ぶりに友達と再会!!





こんな素敵なカフェを予約してくれました



ミルクのポットも可愛い!





ケーキの大きさにびっくり





気が付くとあっという間に3時間
まだまだ話足りなかったなぁ
年に1回会えるか会えないかだけど、何か通じるものがある大切なお友達です

1.Advent

2013.12.01.15:20



今日は1.Advent
これから毎週日曜日に1本ずつ蝋燭に火を灯していきます






朝ごはんにはゆで卵とフルーツサラダ





お昼はここに来ると食べたくなるギリシャ風魚料理
美味しかったぁ~
プロフィール

bukuri

Author:bukuri
ヨーロッパの田舎町でのんびりするのが大好きです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。